ボビー・ハッチャーソン「スティック・アップ」

 耳触りのいいCDばかり聴いてたのでたまには少し刺激的なものをとボビー・ハッチャーソン「スティック・アップ」かける。

 ボビーは「ハプニングス」の中の「処女航海」印象的だった。そして「コンポーネント」も所謂新主流派、刺激的。ジョー・チェンの4曲も
またよし。

 「ハプニングス」はジョー・ヘンの独特の新感覚フレーズが気持ちいい(音も併せて)。あの独特のフレーズはどこから来るんだろう。不思議。

 話変わって、
 強風で塀が少し傾く。年数が経ってるからしょうがないが。
 道路脇の塀は倒れたら大変。コンクリに木の塀を乗せてある)。応急的にロープで引っ張る(木の部分)。雪ももう少しの辛抱だが、消えたら対策しないと。

またまた歳を実感!

 「チック・コリア~上原ひろみ」聴く。

 二人とも上手いうまい(当たり前だ!)ただただ唖然として聴いた。

 この時のこと。いつも最初からだと思い、今度は2枚目から聴こうとかけたら全然読み込まない。
 これはとうとう壊れたかなと思ったが誤作動かもしれない。いろいろ試す。こういう時は一度電源を切るという手もあったがな~。とやってみたがダメ。で、べつのCDかける。異常なし。オカシイ・・・。

 何のことはない、2枚目ではなく3枚目DVDをかけていた。トホホ・・・・なにやってんだか、歳は取りたくない。またまた実感。

チック・コリアさん亡くなる

 11日チック・コリアさんが亡くなるとあった。熱心な良いファンではないがどれぐらい感動する音楽を届けてくれたか分からない。名曲、名演数知れず。
 黙祷!!

 キースが演奏出来なくなり大変と思ってた矢先。残る大物はハービーだけか?。私にとってだが。
 一時代が過ぎた感はある。しかしジャズ界は後に続く中堅、若手はわんさといる。好みは別として。

 ふと考えた。耳に心地いいと言うことは耳ではなく伝導されて脳に働く音に反応してるので、あくまで脳が心地いいということではないか。当たり前のことに気が付いた。めまいやら何やらとアクシデントがあったから考えたもの。