ソニー・ステット「12」

 よく天才肌、職人肌と言われるが、職人肌サックス奏者と言えばこれはもうソニー・ステット。何をやらしても上手い。  パーカーそっくりと言われるのがいやでテナーを主体にしていたがパーカー死後はまたアルトもやる。  天才パーカーよりアクがない。  テナー・バトルものもいいのがいっぱいある。  棚から久々にアルバム「12!」を引…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャズクラブオーディオ部

 昨日は、おっと一昨日かジャズクラブ例会。思い思いのCDをかけて冬場にしては盛会。めでたし!  例によって?腰が痛いので後半から参加(腰は少しは良くなったが)。  皆さん自慢のCDを掛ける。  A氏の自作アンプはいつもいい音がするのだが、今回淡白に感じられたのは私だけかな。もう少し脂がのってもいいのでは。  さて二次会、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日は我がクラブ恒例のレココン

 KOWでのソプラノサックス演奏(12月23日)以来サックスに触っていない。情熱が薄れたか。気持ち的にはそうでもないがな~。ボケ防止のためにも少し頑張らないと。  ターンテーブルには古いレコードのピアノトリオばかり載る。  明日は我がクラブのレココン、少し刺激をもらわないと。わーっと騒いで酒を飲んでストレス?解消しないとね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鈴木章治「鈴掛の道」

 ソプラノ・サックス吹いてたら、クラリネットの音色も気になりクラリネット用の曲も2、3あたってみた。  クラリネットと言えばこれはもうベニー・グッドマン、いい曲がいっぱいあるが省略。またの機会に。  昔、鈴木章治とピーナッツ・ハッコーの「鈴掛の道」が大好きだった。分かりやすくハッピーな曲。  レコード棚に79年(新吹き込み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初期のトシコ・アキヨシ

 秋田のタワー・レコードで買った秋吉敏子の4枚組のうち54年、57年の分を聴く。  54年、当時コピーであれ、真似であれあれほどのピアノを弾いたのだからやはり驚嘆に値する。    バド・パウエルを研究したバップにふさわしいタッチも素晴らしい。少したどたどしい所(初々しい)もあるが一つの個性である。唸ってしまう。  のちのビッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々秋田「モーニン」へ

 正月次女が帰ってきて、女どもが秋田へ行くという。それではと付き合うことに。最も秋田で別行動。  18きっぷと思ったら発売期限が切れてるとのこと。しかし期間限定県内フリー切符(一日鈍行乗り放題)があった。ラッキー!一人2,400円。  私はジャズ喫茶「モーニン」、CD購入を目的とす。  土曜日の午後なのにまだだれも来てなくてマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィル・ウッズ「ウッド・ロアー」

  最近はウッズあまり聴いていない。とにかく上手すぎる。昨年亡くなったので自分的追悼の意味をこめて初期の「ウッド・ロア」聴く。むろん「スロー・ボート・トゥ・チャイナ」が目当て。  久々に聴いて改めて上手さに感心するとともに、このレコード(東芝盤)の音の厚みに驚く。  アドリブの上手さ,音のハリ、モノ録音の音圧、これらが一緒になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年は「ソング・フォー・マイ・ファーザー」から

 皆さま明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。  不定期で気まぐれなこのブログにご訪問頂いた方に感謝いたします。  新年になって初の書き込み、もう一か月もアップしてないのだな~。身辺雑記を書いてるのに・・・だ。  反省反省!!  正月最初に聴いたCDは「ソング・フォー・マイ・ファーザー」だった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Megライブイン御成座

 12月3日「Megライブ・イン・御成座」に行ってきた。  可愛らしいMeg、よかったな~。ジャズを唄うアイドルっぽい妖精のようなMeg。いつも思う、所属会社(大手)がいいんだろうね~。恵まれてる。そういえばメグは「恵」だ。  ちょっと一言・・・・  今回は声が荒れてた。PAの影響もあったかな。スペシャルゲスト寺井尚子のヴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山本剛ウィズ・グレース・マーヤ

 11月の早い時期に雪が積もりびっくり。冬の準備をしないうちにドカッと来たので慌てる。ま~、そのあと消えたが寒い。晴れ間にやっと大根を掘り起こす。今年は厳冬か。  11月24日に大鰐のケアセンターで「山本剛ウィズ・グレース・マーヤ」のライブがあった。今年で3回目。3回とも出席。  マーヤはいい女だね~。山本氏もいってたが・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前回の間違い、18インチを38インチと書いてしまった

 前回のブログにJBLウーハー18インチを間違って38インチと書いた。38ならバケモノだ。本人の指摘で初めて気が付く。訂正したが・・・・。インチを間違えたらインチキとなる。シャレにならない。  「そんなのあるか馬鹿めが!」と冷笑してるだろう(苦笑)。  所有者と訪問者の皆様、平にお許しを!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凄い装置に感動

 先日我がジャズクラブ会員のスピーカーを聴きに行く(会員もう一人と)。    まず18インチ(JBL)というウーハーに度肝を抜かれ、ドライバー(トーア製とか)の音に感激。  クリアだね~。解放感もあるね~。  小さな部屋にどんと置いているのにハウリングなし、よほど耐震がしっかりしてるのだろう。それにも感心する。  色んな振動対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アウト・オブ・ジ・アフタヌーン」ロイ・ヘインズ

 誰かが「私の好きな一枚」に挙げていた標記をそういえばあったな~。どれどれどんな感じだっけと取り出す。  ロイ・ヘインズは好きなドラマーの一人。壺を得た的確なドラミングが好評、パーカーから唄伴、コルトレーンまで幅広く付き合っている名人ドラマー。  この盤のメンバーはローランド・カーク(リード)、トミー・フラナガンp、ヘンリー・グ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴェノーヴァ

 ヤマハの新楽器「ヴェノーヴァ」を買った。安いし(10,800円)、リード楽器だし、リコーダーと同じ感覚で吹けるだろうと思ったが以外にてこずる。  持った感覚が可愛らしいし、一丁前にサックスらしく鳴る。軽くて持ち運びもすこぶる便利。  リコーダー感覚というが運指が微妙に違う。特に半音が難しい。  付属のプラスチックリードが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョン・コルトレーン「バラード」

 なんかユニクロばかり着ている、いわばユニクラーいや「ユニラー」だ。いいんだろうかそれで、別も着てるけど・・・。  リタイア組はそんなものかな、安くて良いものが多いし・・・・。  さて相も変わらずコルトレーンということで「バラード」聴いてみた。  「ユー・ドント・ノー・ホワット・ラブ・イズ」が一番。日本人がバラードと言えばこれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上手いアマチュア・ヴォーカルに感心す

 先日弘前で3県復興支援ジャズサミットがあった。弘前、大館・能代、盛岡各県1バンド。皆上手いな~と感心して聴く。観客は少ないが聴きごたえあるいいライブだった。  また今回特に印象に残ったのはU・Rちゃんのヴォーカル。  前にも何度か聴いて上手いな~と思っていたのだが今回びっくりするほど上手くなっていた。この辺ではピカ一。  素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フレディ・ハバード「ブレイキング・ポイント」

 ヴァン・ゲルダ―のサインがらみでBN盤を取り出したらフレディ・ハバード「ブレイキング・ポイント」があった。  東芝盤でVAN GERLDERの刻印がある。中身は外盤か。  表題曲は「突破口」という意味らしいがまさしくそのとおり。FMで聴いてすぐ買ったもの。フレディの速射砲ばかりか情熱的ジェイムス・スポールデングas、ファンキー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴァン・ゲルダ―の刻印

 ヴァン・ゲルダ―録音のレコードはオリジナルのほかに日本盤がいろいろ出てる。  オリジナルを聴かせてもらってその音の良さに目覚めた。自分のレコード棚を見てみた。  面白いことに「リバティ」に買収された再発盤にも溝の間にゲルダ―のサインがあった。  東芝再発盤にも中身はブルーノート(サインあり、)ジャケットが日本制作のものがあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サムシン・エルス」「サキ・コロ」オリジナル盤聴く

 弘前公園で今年最後?の紅葉を愛でる。すばらしい!ゆっくり見ればヴューポイントはいっぱいあるだろうが北側の一部を主に廻りパチパチ写真を撮り1時間。  もう一つの目的は「グルーヴィン81」。  そこでマスターが借りているという「サムシン・エルス」「サキソフォン・コロッサス」のオリジナル盤を聴かせてもらう。所有者一人で聴くのはもった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョン・コルトレーン&ジョニー・ハートマン

 コルトレーンつながりで・・・  コルトレーンのゆったりしたテナーが聴きたくて標記取り出す。たまにはジョニー・ハートマンの甘い声も聴きたい(普段男性ヴォーカルは聴かないが)。  情感豊かに歌い上げる「マイワン・アンド・オンリー・ラブ」はけだし名唱。絡むトレーンも難しいことをやらず静かに味わい深い。浸みるね~。「ゼイ・セイ・イ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more